リフォームで熱中症対策!!

 | 

こんにちは!

山陰地方もやっと梅雨入りしましたね。

これからしばらくは蒸し暑い日が続きそうですね(>_<)💦

そこで今日は、熱中症対策リフォームについて簡単にご紹介します!

 

蒸し暑い梅雨の時期も熱中症になりやすい!?

 

7月、8月は『熱中症予防強化月間』と設定されています。

梅雨のこの時期はまだ身体が暑さに慣れていないため、上手に汗をかくことが出来ず

体温調節がうまく出来ません。

そのため熱中症になりやすく、また熱中症の症状に気づきにくいそうです。

下記のグラフのように消防庁の調べによると、熱中症の発生率は住宅内が一番高く

全体の4割を占めています。

夜寝ている間に、自覚の無いまま熱中症になることもあるそうです(゚д゚)!

 

 

そこで、『リフォームで出来る熱中症対策法』をご紹介します。

 

①室内温度の上昇を防ぐ

・窓の外に日差しを防ぐシェードの設置

②風通しを良くして体感温度を下げる

・採風タイプの玄関ドアの設置

・収納式玄関網戸の設置

③開口部の断熱性を高めて快適・省エネに

・窓を遮熱のものに交換、内窓の設置

 

他にも様々な対策法がありますので、快適な暮らしを始めませんか?

内窓の設置・ドア交換などの開口部の断熱改修工事は、先日ご紹介しました

『次世代住宅ポイント制度』の対象にもなりますので、お気軽にお問合せ下さい(^^)/

 

ブログ担当:杉本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください